Lorem ipsum dolor sit amet, consetetur sadipscing elitr, sed diam nonumy eirmod tempor invidunt ut labore et dolore magna aliquyam erat, sed diam voluptua. 

過去の写真展2015年

新宿ニコンサロン 蓑 和子写真展 浅草人間模様

 
 

<写真展内容>
浅草を考えた時に、誰もが東京の下町と考えるだろう。東京最古の浅草寺の門前町としてきた浅草、そこには昔からの日本人のよさである人情味豊かで、伝統文化を大事にする姿がそこにあると考えられる。日本人の原風景やよさが投影、凝縮された魅力溢れる浅草である。また、時代の変化にも敏感に感じられる浅草でもある。つくばエクスプレスが通り、また、東京スカイツリーができ訪れる人たちが多くなり、より身近に感じられる場所になってきた。変化し続ける浅草は、また、おもてなしの心を持つ人情味あふれる人たち、伝統文化を大事にしている浅草でもある。
世界から日本のよさが見直される中で、伝統文化が残っている浅草は外国人観光客にとっても魅力的な観光地だ。そんな魅力にあふれる現在の浅草人間模様を作者は写した。その一端が少しでも写し撮れていればと考えている。
今後も魅力にあふれる浅草をテーマに写し撮れていければと作者は考えている。カラー35点。
 
 
 

ニコンサロンbis新宿
 
 

会期:2015年 11月 17日(火)~ 11月23日(月)
時間:10:30 ~ 18:30 (最終日は15時まで)会期中無休
会場:ニコンサロンbis新宿
住所:〒163-1528 東京都新宿区西新宿1-6-1 新宿エルタワー28階
電話:03-3344-0565 
 
アクセス
JR、京王線、小田急線、東京メトロ丸ノ内線、都営地下鉄新宿線「新宿駅」A17出口より徒歩3分。
都営地下鉄大江戸線「都庁前駅」N5出口より徒歩5分。
都営地下鉄大江戸線「新宿西口駅」D4出口より徒歩6分。
西武新宿線「西武新宿駅」より徒歩7分。
 
 
※元ふおーかるクラブの
蓑 和子(ミノ カズコ)さんの写真展です。以下蓑さんのプロフィールです。
東京都生まれ。自宅が浅草まで歩いて30分の下町にあり、人々とふれあうことを喜びとして写真を撮っている。受賞歴に日本写真作家協会公募展入選(4回)がある。ニッコールクラブ新宿、フォトクラブGrand Prixに所属。
新宿ニコンサロン写真展案内ページへ


全日本写真連盟 東京都本部「第42回 東京都写真展 『東京の今』多彩なまち新たな再発見」

 
 

<写真展内容>
本写真展は昭和52年から開催し、東京都全域を撮影範囲に、首都圏(千葉・埼玉・神奈川・静岡・茨城・栃木各県)に所属する全日本写真連盟会員と、その地域に在住・在勤の一般写真愛好家も対象に実施している公募写真展です。
「東京の今」を主テーマとし、多彩なまち・新たな再発見として、多様な角度から変貌の中の東京の一角を
切り撮り写真で表現をしてほしいとの企画から実施するものです。
東京本部ならではの写真作品づくりの企画を立て実施し、今回で42回目になります。
本写真展を通して、首都東京の姿を写真表現し、その印象・記録と共に後世に伝えられるものと考えております。
多くの写真愛好家と共にその作品作りが写真文化の向上に貢献していくものと信じます。
審査により、東京都知事賞・東京都議会議長賞を含め、上位優秀作品約15点、入選作品約50点、高校生作品1点を展示。
 
 

リコーイメージングスクエア新宿
 
 

会期:2015年11月11日(水)~11月16日(月)
時間:10:30~18:30(最終日16:00終了)
会場:リコーイメージングスクエア新宿(ペンタックスフォーラム) ギャラリーI&II
住所:〒163-0690 東京都新宿区西新宿1-25-1 新宿センタービルMB(中地下1階)
電話:03(3348)2941 担当:松枝・江上
 
 
アクセス
JR線・小田急線・京王線「新宿駅」西口 徒歩約8分
東京メトロ 丸ノ内線「西新宿駅」 徒歩約7分
都営地下鉄 大江戸線「都庁前駅」A1出口 徒歩約5分
 
 
※ふおーかるクラブの小宮さんが「都議会議長賞」を受賞されています。面白い作品が数多く入賞しています。是非ご覧ください。
全日本写真連盟東京都本部のサイトへ


10人のカメラマンによる「東欧からやってきた平和の妖精・エレナ」展

 
※クリックで拡大します。

<写真展内容>
2011年4月、東日本大震災による深刻な状況下の日本へ、単身東欧のモルドバ共和国から留学してきたElenaさん。大学で法学を学ぶ才色兼備な彼女を撮影した、何人ものカメラマンたちの作品と彼女自身が撮影した世界を展示。
 
 
 

ギャラリーカフェPupu
※クリックで拡大します。
 
 

会期:2015年 11月 5日(木)~ 11月 17日(火)
時間:11:00 ~ 21:00 (日・火は19:00まで、水曜日 定休)
会場:ギャラリーカフェPupu
国立市東1-14-21 グリーンライフ国立1F
TEL&FAX042-576-1622 
 
アクセス
JR国立駅南口より徒歩5分
 
 
※10人のカメラマンがそれぞれの感性でエレナさんを撮影しています。エレナさん自信が撮影した写真もあります。
ふおーかるクラブの森田も参加しています。是非ご覧ください。
ギャラリーカフェPupu


ペンタックスリコーファミリークラブ千葉支部第15回写真展

 
※クリックで拡大します。

<写真展内容>
風景、街角スナップ、花など多岐にわたり会員それぞれの視点で自由に撮影したカラー作品35点で構成。
 
<作品コメント>
ペンタックスリコーファミリークラブ千葉支部は1998年(平成10年)にペンタックスリコーファミリークラブの支部として発足以来、「楽しく仲良く」をモットーに年6回、プロによる作品講評勉強会、ブラブラ街散策等を実施しています。
今回の作品は15回記念展として課題を「よろこび」としました。
各自ファインダーを通して、さまざまな喜びをそれぞれの視点で、各自の感性で、自由に撮影した作品です。
 
 
 

リコーイメージングスクエア新宿
 
 

会期:2015年 7月 8日(水)~ 7月 13日(月)
時間:10:30 ~ 18:30 (最終日 16:00終了)
会場:リコーイメージングスクエア新宿
東京都新宿区西新宿1-25-1 新宿センタービルMB(中地下1階)
 
アクセス
JR線・小田急線・京王線「新宿駅」西口 徒歩約8分
東京メトロ 丸ノ内線「西新宿駅」 徒歩約2分
都営地下鉄 大江戸線「都庁前駅」A1出口 徒歩約1分
 
 
※ペンタックスリコーファミリークラブ千葉支部の写真展。豊かな感性で撮られた素晴らしい作品の数々。是非ご覧ください。
リコーイメージングスクエア新宿 展示・イベントスケジュールページ


ふおーかるクラブ写真展「心の情景Ⅱ」

 
※クリックで拡大します。

<写真展内容>
今回は会員が撮りためた中から、それぞれの心象風景を表す作品を選択。光と影、色、構図、シャッターチャンス、エフェクト処理など、各自がアイディアを盛り込んで個性的な世界観を作り上げた。30点展示。
 
<作品コメント>
私達ふおーかるクラブは、旧ペンタックスの写真講座『フォーカル』で知り合った仲間が中心となって、2008年に設立された写真クラブです。撮影ジャンルは、日常のスナップ、祭り、鉄道、風景、花、モデル撮影など多岐にわたり、今回監修をお願いした鈴木光雄先生を始め、多くのプロカメラマン講師のご指導を頂きながら、さらなる撮影技術の進歩、写真表現の向上を目指しています。
ふおーかるクラブでは、被写体は「探す」のではなく「出逢う」という感覚を初期の段階で学びます。今日は誰と出逢うんだろう?何を見つけるんだろう?そんなワクワクした気持ちでカメラを構え、出逢った一瞬のチャンスを自分なりのイメージで写しとめる、そんな時間を楽しみながら活動しています。今回は全作品を特徴あるフレスコジクレー紙でプリントしました。作者それぞれの感性が作品に描いた心の情景を、少しでも共有して頂けましたら幸いです。
 
 
 

リコーイメージングスクエア新宿
 
 

会期:2015年 7月 1日(水)~ 7月 6日(月)
時間:10:30 ~ 18:30 (最終日 16:00終了)
会場:リコーイメージングスクエア新宿
東京都新宿区西新宿1-25-1 新宿センタービルMB(中地下1階)
 
アクセス
JR線・小田急線・京王線「新宿駅」西口 徒歩約8分
東京メトロ 丸ノ内線「西新宿駅」 徒歩約2分
都営地下鉄 大江戸線「都庁前駅」A1出口 徒歩約1分
 
 
※ふかーかるクラブの第3回写真展です。今回はプリントにフレスコジグレーを使っています。是非ご覧ください。
リコーイメージングスクエア新宿 展示・イベントスケジュールページ


第40回 JPS展(東京都美術館)

 
 

<写真展内容>
公益社団法人日本写真家協会(略称JPS)は全国に1,600名余りの会員を擁する職業写真家の団体です。協会の文化活動としての展覧会活動は、協会発足当時から始まっています。本協会創立の翌年1951年には「日本写真家協会 第1回展」を開催、1962年の第10回展まで行われました。同展は1976年に「JPS展」と名称を新たにし、1977年からは一般公開を開始、91年からは写真学生を対象とした「ヤングアイ」にまで規模を拡大し、東京、広島、名古屋、京都などで開催しています。一般公募では、文部科学大臣賞・東京都知事賞・金・銀・銅賞の他、奨励賞、優秀賞が与えられ、プロの写真家への登竜門となっています。
 

東京都美術館

 
会期:2015年 6月11日(木)~6月29日(金)
時間:9:30〜17:30(最終入館は閉館の30分前)、15日(月)休館
入場料:一般700円・学生400円(高校生以下無料)・65歳以上400円
会場:東京都美術館(上野)  ギャラリーB・C
東京都台東区上野公園8-36
 
アクセス
JR上野駅「公園口」より徒歩7分
東京メトロ銀座線・日比谷線上野駅「7番出口」より徒歩10分
京成電鉄京成上野駅より徒歩10分
 
※ふかーかるクラブメンバーの青野さんが入賞しています。展示作品も多く見応えのある写真展です。是非ご覧になってください!
 
日本写真協会のサイトへ


第40回 全国公募写真展 2015年「視点」

 
 

<写真展内容>
伝える、写真力。現実の状況に対する創造者の”視点”の重要性をあらためて想起する必要を痛感し、ここに写真展の名称とした。応募総数:728名 1,340作品 3,112枚、入賞・入選:205名 205作品 708枚。展示作品数が多く、見応えのある写真展です。
 

東京都美術館

 
会期:2015年 6月2日(火)~6月9日(火)
時間:9:30〜17:30(最終入館は閉館の30分前)、15日(月)休館
入場料:一般500円・学生300円(高校生以下無料)
会場:東京都美術館(上野)  1階第4展示室
東京都台東区上野公園8-36
 
アクセス
JR上野駅「公園口」より徒歩7分
東京メトロ銀座線・日比谷線上野駅「7番出口」より徒歩10分
京成電鉄京成上野駅より徒歩10分
 
※ふかーかるクラブメンバーの小宮さん、三上さん入賞しています。展示作品も多く見応えのある写真展です。是非ご覧になってください!
 
日本写真協会のサイトへ


グループ<La panchi tokyo>写真展

 
 
 

<写真展内容>
写真撮影という共通項の中、それぞれの分野で走り続けている4人のカメラマン。
撮る写真の全て=仕事...ではなく、肩の力を抜いて気楽にそして何より『楽しく』あること。
それこそが、写真のセンスを磨く一番の方法であり近道。

熱い思いは楽しき写真の中にこそあり。
 
『岡本尚也』

日常 視覚的に見ている「非対称」のリアリティある世界を、水と言うクリアな鏡に屈折させ 表現した「対称」と言う名の不自然な歪と幻影の世界。
 
『小池伸一郎』

テーマは東京23区内のJCT。固く冷たい直線と曲線の結合。
見上げると、その巨大生物に飲み込まれそうになる恐怖を共感して頂きたいです。
 
『門嶋淳矢』

レンズを通し改めて彼らを仰ぎ見る時、ほんの一瞬だけ垣間見せる野生…その本質の凄味に恐怖すら覚える。
例えそれが、ペットと呼ばれる愛玩動物たちであったとしても…
 
『寺坂Johney!』

自分の奥底に眠るものに未だ気づいていないのか、それとも何もないものに気づくのが怖いのか…。
写真は己との対峙である。と同時に曝け出しだと...。
 
タイトルdizzy
【dizi】

1 «…が原因で»〈 人が〉めまいがする, 目が回る,〈 頭が〉くらくらする

2 混乱[困惑]して; 浮き浮きして

3⦅ くだけて⦆うかつな、そそっかしい〈女性など〉( 特に不注意で忘れっぽいが憎めない女性を形容する) ; おろかな, ばかげた

4⦅ しばしばおどけて⦆目がくらむような, めまいがするほどの〈場所速度など〉; 目まぐるしい
 
 
 

六本木スペース ビリオン
 

会期:2015年 5月8日(金)~5月22日(金)
時間:月曜-土曜14:00〜21:00、日曜12:00~18:00(5/20は14:00~18:00)
会場:六本木スペース ビリオン
住所:東京都港区六本木4-4-5 メゾン六本木3F
(1Fはレストラン「一億」)
 
アクセス
地下鉄大江戸線「六本木駅」7番出口より徒歩1分
日比谷線「六本木駅」4a出口より徒歩3分
地下鉄千代田線「乃木坂駅」3番出口より徒歩8分
 
※ふかーかるクラブでお世話になっている岡本尚也先生の所属するグループ写真展です。刺激をもらいに行きましょう!
La Panchi Tokyo facebookページ


「俺(私)のナマダがこんなにアレなわけがない!!」第2期

 
 

<写真展内容>
作年開催されたナマダ専用写真展
「俺(私)のナマダがこんなにアレなわけがない!!」
今年もやります!第二期です!!
 
今年の俺ナマはナマダ専用写真祭『大ナマダ祭』
※8人の作家の
 

Photons Art Gallery

会期:2015年5月4日(月)~5月10日(日)
時間:10:00〜20:00(最終日は17:00)
会場:Photons Art Gallery
東京都台東区浅草橋1-24-11
 
アクセス
総武中央線「浅草橋」駅  徒歩1分
        ・・・秋葉原から1駅 ←オススメ
都営浅草線「浅草橋」駅  徒歩4分
        ・・・日本橋から3駅、押上から4駅
総武快速線「馬喰町」駅  徒歩7分
        ・・・東京から2駅
都営新宿線「馬喰横山」駅  徒歩9分
        ・・・新宿から急行で3駅
山手線   「秋葉原」駅 徒歩12分
 
※8人の作家さんがナマダさんを撮った作品を展示している写真展です。刺激的な写真が多くおすすめです。ナマダさんはふーかるクラブでもモデル撮影会で何度がお世話になっています。とってもキュートな独特な雰囲気を持った方です!夜8時までやっていますので仕事帰りでも是非!
 
Photons Art Galleryのサイトへ


第20回 東金子写真クラブ写真展

 
 

<写真展内容>
東金子写真クラブは、東金子公民館で毎月第2・第4木曜日に活動中です。
二科会会友の吉田功さんと高橋徹也さんの二人が講師となり、毎月1回交代で会員の作品を見て指導をしています。
展示は、会員、講師の先生、各種フォトコンテスト入賞・入選作品になります。
設立からの目標は、埼玉県美術展や二科展に入賞するほどの実力をつけること。これまでの努力が報われ、今年も各種フォトコンテストに入選しています。
会場いっぱいにみなさんの力作が並んでいますので、ぜひ足をお運びください。
 

入間博物館「アリット」

会期:2015年 4月22日(水)~4月26日(日)
時間:9:00〜17:00(4/26は16:00まで)
会場:入間市博物館「アリット」市民ギャラリー
〒358-0015 埼玉県入間市大字二本木100番地
電話:04-2934-7711
 
アクセス
西武池袋線 入間市駅(2番乗り場)よりバスで20分
入間市博物館行 終点下車
二本木地蔵前行 二本木バス停下車 徒歩5分
箱根ヶ崎駅行 二本木バス停下車 徒歩5分
 
※ふかーかるクラブメンバーの小宮さん、三上さんが参加なさっている写真クラブの写真展です。各種フォトコンテスト入賞者が毎年多数いらっしゃる意識の高いクラブです。是非ご覧になってください。
 
東金子公民館ホームページへ


写真集団 北斗 写真展 「今、そこに注ぐ視点 Ⅴ」

 
 

<写真展内容>
この度、新宿御苑前駅そばの「シリウス」て開催されるグループ展に出品することになりました。
仕事をしていた時にも大変お世話になっていた、児島昭雄先生を中心としたグループ「写真集団・北斗」の写真展です。
 
写真展全体のテーマは、「今、そこに注ぐ視線 Ⅴ」で今回で5回目になります。
 
お時間の取れる方は、ご覧になってください。参加者それぞれが感じた「今」を見ることができます。
宜しくお願いします。

アイデムフォトギャラリーシリウス

 
会期:2015年 4月9日(木)~4月15日(水)
時間:10:00 ~ 18:00 (最終日 15:00終了・日曜休館)入場無料
会場:アイデムフォトギャラリーシリウス
東京都新宿区新宿1-4-10 アイデム本社ビル2F
 
アクセス
東京メトロ丸ノ内線「新宿御苑前」駅下車
1:新宿方面出口 徒歩2分
2:大木戸門方面出口 徒歩2分
3:新宿一丁目方面出口 徒歩2分(エレベーターあり
 
※ふかーかるクラブメンバーもお世話になっている写らく塾主催の羽石さんが参加されている写真集団・北斗の写真展です。実力者ぞろいの要注目の作品展です!
 
アイデムフォトギャラリー sirius のサイト

ページの先頭へ